対 福知山ボーイズ戦【7月10日】

【レギュラー戦】

    第1試合  6-7  ○(勝)

     (投)黒田-大島 (捕)大島-田添

     (三)大島 (本)黒田1,2

    ・初回、黒田が先頭打者に四球を与えると、相手4,5番にヒットを許し先制されるも、

     その裏、2アウトから、大島のヒット、黒田のホームラン(チーム初)河﨑のヒットで

     同点にする。

     2回は相手チーム先頭打者のヒット性の当りを、ライト田村の好守でライトゴロに捕り、

     リズムに乗るも、3回、相手チームの先頭打者にバントヒットを許したのを皮切りに、

     四球、ヒットで2点を取られる。

     しかしその裏、朝子が相手セカンドのエラーで出塁すると、続く大島の3塁打、7番

    村上一輝のヒットで同点とする。

     4回表、四球とバントを絡められ1点を取られるものの、その裏、菱田の出塁から大島の

         ヒットで同点とすると、4番黒田がこの日2本目となる2ランで一気に逆転。

         5回からは大島が登板し、6回に1点を取られるも、最終回、最終打者をスイングアウト

         の三振に取り、ゲームセット。

         オープン戦初戦を白星で飾った。

 

    第2試合  3-2  ●(負)

     (投)小嶋-大島 (捕)大島-田添

     (ニ)塩尻

    ・初回、2番渡邊がヒットで出塁するも後が続かず。

      2回、立ち上がりから不安定な投球の小嶋は、ヒットと2つの四球で1点を献上。

         以降も不安定な中、4回、三遊間の当りをサード中澤がダイビング。惜しくも1塁はセーフ

         になるものの、バックの守備にも盛り上げられ、3回4回を無失点で切り抜ける。

         が、しかし、5回表、先頭打者にヒットを許すと、四球と野手陣の乱れにより、1点献上。

         その裏、代打村上貴大が、相手のエラーを誘う強烈な打球で出塁すると、バント、パスボー

         ルで3塁とし、代打田添のセカンドゴロの間に1点を返した。

         6回も苦しい投球の続く小嶋だったが、代わったばかりの遊撃手村上貴大の好守などにも

         助けられ、なんとか0点に押さえ、その裏、3番から始る好打順に反撃の期待をすると、4番

    黒田がヒットで出塁し、すかさず盗塁を決めると、今日不振の朝子に代わり代打2年生の

    塩尻が、同点の2塁打を放つ。

     同点で迎えた最終回。先頭打者に四球を出したところで、小嶋は降板。大島がマウンドに上がり

     1アウトを取るが、7番打者にライト前ヒットを打たれ、次の8番打者の打球に、同点タイムリーを

     放ったライト塩尻が痛恨の守備ミスで1点を返され逆転。

     最後の攻撃に期待をするも、あっけなく3者凡退に終わりゲームセット。

         熱く苦しい中でのゲームだっただけに、痛い黒星となった。

 

 

【ジュニア戦】

    第1試合  1-0  ●(負)

     (投)鎌部  (捕)吉崎大

       ・初回、相手チームの先頭打者にヒットを許すと、四球、ヒットで1点を取られる。

         その裏、コチラの攻撃は3者凡退。2回も両者無得点で終わり、迎えた3回。

         投手鎌部が死球とヒットで2アウトながらランナー1,2塁のピンチを迎えると、続く打者に

     はファール7球を含む9球の力投。最後はセカンドライナーに打ち取りピンチを脱した。

         その裏、何とかして得点がほしい中、1アウトから植原が、手首骨折から復帰後初ヒットを

     放つも、後続が続かず無得点。

         その後、お互い無得点のまま最終回へ。相手の攻撃を3者凡退にとり、リズムよく最後の攻撃

         へ移ると、1アウトから3番田添が四球、4番村上一輝がレフト前ヒットで続き、盗塁を絡め

         て1アウトランナー2,3塁とし逆転のチャンスを迎えたが、続く6番吉崎大成がスイングアウ

          トの三振、7番鎌部がライトフライに終わり、ゲームセット。

          ヒット数は少なかったものの、エラーもなく熱さの中で締まったゲームだっただけに、最後の

          チャンスを活かせなかったこと、そして、鎌部の好投に応えられなかった残念な黒星と

          なっ た。

 

   第2試合  2-8  ○(勝)

     (投)吉崎大-高田  (捕)鎌部

   ・ジュニア戦初登板の吉崎大は、緊張のせいか、初回先頭打者に四球を与えると、続く2番に

         ライトオーバーの2塁打で、あっけなく1点。その後も4番にヒットを打たれ、この回2点を取ら

        れる。その裏、先頭打者の田添が死球をもらい、2盗、3盗を決め、1アウトランナー3塁にする

    と、3番吉崎稜がライトへ飛球。相手守備のミスもあり1点返した後も、吉崎稜が1塁に残り、2

        塁へ盗塁を決める。4番村上が三振で2アウトとなり、迎える5番は打撃フォーム改良中の

   馬場。初球を右中間に運び2塁打とすると、2塁ランナーの吉崎稜が生還し同点。1年生投手の

    緊張をほぐす活躍をすると、それに応えてか投手の吉崎大も2回、3回を1安打1三振の無

       失点に抑え、4回から高田と交代する。代わった高田は、先頭打者を1塁フライ、続く打者を3

       塁ゴロ、最後の打者をスイングアウトの三振に仕留め、コチラも初登板ではあったが、小さいな

    がらに存在感のある投球を見せ付けた。

       その裏、5番馬場のヒットを皮切りに、7番鎌部、9番塩尻、1番高田、2番吉崎幹、3番吉崎  

       稜とヒットでつなぎ、一挙に6得点を奪った。

       その後、5回、6回は高田が3人ずつで打ち取り、ゲームセット。

       2人の1年生投手だけでなく、1年生全員(4名)の活躍で勝ち取れたゲームは、価値のある1勝

       にもなりました。

 

 

本日の勝利に貢献した優秀選手【殊勲賞は、

     1試合3打数3安打 打点1 得点3の 大島駿平 君

     1試合2本塁打(同点、逆転)の    黒田翔太 君

 

  今日のスゴ技!今日の一番!!の投票結果は、ダントツで黒田翔太君のホームランでした。

 

  ちなみに、今日のイチおしぃ

   吉崎大晟君のマウンド姿と、

   熱くても辛くても、

     試合中に下を向かなかった選手全員 

                          にいただきました。

 




個人成績表【R】福知山ボーイズ戦.pdf
PDFファイル 69.9 KB
個人成績表【J】福知山ボーイズ戦.pdf
PDFファイル 62.9 KB