対 備前ディアーボーイズ戦【7月16日】

【レギュラー戦】

    第1試合  1-2×  ○(勝)

     (投)黒田-吉崎稜 (捕)大島

     (三)小嶋 

    ・初回、先頭打者にレフト線への2塁打を浴びると、続く2番打者にもライトへ運ばれ、

     無死1-3塁に。投手黒田は動揺からか、1塁への牽制球が悪送球となり、簡単に1点

     を献上してしまう。その後もエラーで出塁されピンチが広がるも、後続を打ち取り追加点

     を許さかった。続く2回は、先頭打者を四球で出し、送りバントで進塁されるも、ピッチャ

     ーゴロで飛び出した2塁ランナーを、投手黒田が冷静にアウトにし、相手のチャンスを奪

     い、この回は無失点に抑え味方の反撃を待つ展開に。

         その裏、綾部パワーズの攻撃は、ピッチングで冷静さを取戻した黒田から。初球空振

         りの後、死球を受け出塁。続く小嶋は1塁フライに倒れるも、6番河﨑がレフトへのヒット

         で出塁しチャンスを広げると、7番中澤もセンターへヒット。その間に2塁ランナーの黒田

         が生還し同点。1塁ランナーの河﨑も三塁へ進み、1死1-3塁とさらにチャンスを広げ

     たが、8番田村、9番菱田が連続三振に取られ、逆転のチャンスを逃してしまう。

     3回は、打者4人に対して投球数8球と安定感を増してきた黒田だったが、前の回に受

     けた死球により、打撲箇所に少し腫れがみられたので、次の日のことも考え大事をとっ

     てこの回を投げきり降板。その好投に応えてか、3回裏の攻撃は先頭打者の足立が出

     塁すると、続く2番渡邊が四球を選び無死1-2塁に。3番大島、4番黒田は凡退に倒

     れるも、5番小嶋ライトへ逆転のタイムリー!一気に突き放したいところだったが、後

     続が倒れ追加点は奪えなかった。しかし、レギュラー戦登板2試合目の2年生投手

     吉崎が好投。4回から7回までの4イニングで、内野安打を含め打たれた安打は

     2本。打者13人に対し39球と抜群の安定感と完璧なピッチングで相手を抑える。

         それに応えてか同じく4回から途中出場の村上貴大が5回。1死1塁からセンターへ

         抜けそうなニ遊間の打球を捕球し自ら2塁ベースへ。そのまま1塁へ送球し併殺を奪う

         華麗なプレーを見せるなどし、遠征でのファーストゲーム を白星で飾ることができた。

    

    第2試合  6-3  ●(負)

     (投)小嶋-大島 (捕)大島-田添

・初回、この試合も先頭打者にヒットを打たれ出塁を許すと、1死2塁から3盗。捕手

 大島悪送球が重なり、簡単に先制点を献上してしまう。

 毎回ランナーは出すものの、要所を締め、1回以降0点に抑えていた投手小嶋だっ

 たが、4表、相手打線に捕まる。先頭の6番打者に左中間を破る3塁打を打たれると、

 続く打者にもライトオーバーを打たれ追加点。その後打ち取る打球も、ショート村上

 貴の悪送球やレフ 菱田の落球といった野手陣が乱れる不運にも見舞われ、一挙

 に5点。二死は取るものの、3番打者に四球を与えたところで降板。代わりにマウンド

 に上った大島が後続を断ち切るも、大量の追加点を奪われた回になった。 しかし、

 ここで終わらないのが最近のパワーズ。その裏、2番朝子に代わり代打 塩尻が四

 で出塁すると、3番大島がショートへの内野安打、続く黒田がサードエラーで無死満

 塁とすると、5番小嶋がお返しとばかりにライトへ犠牲フライを放ち 1点を奪い、

 尚も1死1-3塁。続く打者は、最近ライトも守る6番渡邊仁哉。先ほどの打席で外野

 飛球を放っており期待も高まったが、このチャンスを活かせず、4-6-3の併殺に終

 わるも、中盤に貴重な追点を奪う。

 続く5回の攻撃も、先頭打者の7番河﨑がセンター前で出塁すると、すかさず盗塁。

 無死2塁で8番村上貴のバントがヒットとなり無死1-3塁。この日、全くタイミング

 取れていない菱田に代わり代打田添の犠飛で、まずは1点。続く1番中澤の ヒットで

 1死1―2塁となり、2番塩尻の犠打で2死2-3塁とすると、3番大島の内野 安打で

 1点。4番黒田は四球を選び、先ほど得点を挙げた5番小嶋を向かえ追撃点 の期待

 は高まったが、ショートフライに打ち取られ、この回2点で攻撃を終えるが、終盤を控え

 たイニングで3点差までに詰め寄り逆転の機会をうかがう。続く6回、1死からこの試

 合2本目となる7番河﨑のヒット。今回も盗塁を決めると、8番村上貴に代わり代打

 馬場がライト前ヒットで続き1死1-3塁と追撃点のチャンスを作るも、9番田添、1番

 中澤が凡退に終わり無得点。 そのまま、最終回も無得点におわり試合終了。

 粘りはしたものの、チャンスを活かしきれない惜しい敗戦になった。

 

【ジュニア戦】

    第1試合  5-5  (引き分け)

     (投)鎌部-荒木 (捕)吉崎大-田添

         ・初回、1番馬場、2番塩尻、3番田添の連続ヒットと、4番村上一の犠牲フライで幸先よ

         く先制点を奪うも、後続が併殺に取られたため、この回の得点は1点のみとなった。

         その裏、得点(特に先制点)後のイニングだけに、勢いに乗りリズム良く終わらせたかっ

         たが、先発荒木は先頭打者に2塁打を浴び、続く打者を三振に取るも、三番打者に

         レフトフェンスオ―バーの2ランを打たれ、簡単に逆転を許してしまう。その後、2回には

         6番鎌部、3回には9番藤田のレフト前とヒットは出るものの、得点には結びつかず。

         向かえた4回、この回先頭打者の4番村上一が死球。続く吉崎稜がセンター前への

         ヒット。6番鎌部がサードのエラーで出塁し満塁とすると、期待の大型新人、7番吉崎大

         は四球を選び同点に。8番荒木はピッチャーゴロで併殺を取られるも、9番藤田のショー

         トエラーで逆点。1番馬場のレフト前で追加点とこの回、一挙に3点を挙げる。

        その裏からマウンドに上った鎌部は、このイニングを三者凡退に押さえ、チームがリズム

        に乗ると、6回の攻撃では2死2塁から1番馬場、2番塩尻の連続ヒットで追加点を奪う

        が。

        最終回、3点リードで安心したか、マウンド上の鎌部はこの回先頭の2番打者をスイング

        アウトの三振に取るも、3番、4番、5番、6番、7番に連続出塁を許し、土壇場で同点にさ

        れるが、後続を断ちゲームセット。

        打線のつながりで得点し、良い流れだっただけに、もったいない引き分け試合となった。

 

 

本日の勝利に貢献した優秀選手【殊勲賞は、

     1試合目 逆転のタイムリーを放った 小嶋一維 君  と

     4イニングを2安打無失点に抑えた   吉崎 稜 君

 

  今日のスゴ技!今日の一番!!の投票結果は、たくさん票が割れた中、

     1試合目の華麗なフィールディングで併殺を取り、チームのピンチを救った村上貴大君

     プレーでした。

 

  ちなみに、今日のイチおしぃ

   藤田寛樹君上柿勲君のとても大きくて、的確な掛け声に、たくさんの方が心奪われたそうです。

   それと、選手達のベンチワークの良さに

           このチームに入れて良かった

                       という意見もいただきました。

 

個人成績表【R】備前ディアーボーイズ戦.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 70.6 KB
個人成績表【J】備前ディアーボーイズ戦.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 62.5 KB